ちょっと一言コーナー

~子どもの遊びは学びの基礎をつくる ~

 くるみ保育園では子どもの遊びを大切にしています。


 「遊び」と聞くと野球、サッカー、テレビゲーム、ショッピングなど娯楽や趣味、リフレッシュ、ストレス解消などを思い浮かべる事が多いでしょう。しかし子どもにとっての「遊び」は日常生活そのものであり、大人が想像するよりも多くのことを、「遊び」を通して学び体験しています。


 本園の子ども達は、朝登園して年齢によって決まっている仕度を終えると、自分の好きな遊びを始めます。次々に登園する子ども達が加わり保育室全体が落ち着いた、それでいて活気のある光景を目にします。それは子ども達が目的を持って行動しているからです。自分がしなければならない事や自分がやりたい事がわかっているからとても穏やかです。いつも大人から指示、命令ばかりされていると自分で考えない、遊べない子になってしまいます。遊びは子どもの体験が豊かになるほど広がります。例えば積み木遊びの中でも自分が作りたい物と友達が作りたい物とは違うことが多々あります。喧嘩になることもありますが、徐々にお互いの考えを探りあいながら遊びを進めていく力をつけていきます。自分の意見を伝える、相手の気持ちを理解する、目標を持って行動する、努力する、達成することの喜びを知る、自分のできることで相手を助けるなど、これから先にある社会での生きるための知恵が遊びを通して知らず知らずのうちに身につけていきます。


 幼児期の遊びが人間としての学びの基礎を作り上げていることに気付かず「遊び」を悪いものとして受け止め、「学ぶ・学習する」ことを第一に考えている大人もいます。より早く、より効果的に賢く育てる事が「良い子育て」と考えて、このような良い子になる事を期待すると、人と人とのつながりが上手に結べない社会に適応出来にくい人に育ってしまうことがあります。人は成長する中で、その年齢毎に経験しておかなければならないことがたくさんあります。小学校に行くまではたくさん友達とたくさん遊ぶこと、学校に行ったら勉強をすることを楽しみにする(子どもは新しい事知らない事を学ぶことが大好き)意欲のある子どもに育てたいですね。

2012.11.29 | ちょっと一言コーナー

このページのTOPへ