くるみ保育園のこだわり

  • 一覧を見る(くるみ)
  • 一覧を見る(緑波くるみ)
  • 一覧を見る(若草くるみ)

           -日本の伝統文化に触れる体験を子ども達に

                      年長児さん達がお茶の先生に教えて頂きました。-

 和服姿の先生のお話しを真剣に聞いています。

 まずは正座の仕方を教えて頂きました。

  ”足の親指を重ねて、かかとの上にお尻をのせ、両ひざをつけましょう。

      足がしびれたら親指の上下を交代させてもいいですよ。”

 お礼は両手を閉じて指で三角をつくってね。
 ゆっくりとおじきをします。

 ちょっと、畳のへり向こうに手がいって土下座のようですが、始めにしては上出来です。
 さあ、お待ちかね。和菓子を頂きます。

   お箸で上手にとってます。右利きの人から左利きの人に渡す時は、

         お箸を逆に置く子どもの仕草にびっくり~相手を思いやれる子ども達

 懐紙の上で和菓子を切って食べるのは難しいけれどもおいしい。
 “お手前ちょうだいいたします”

 お抹茶の不思議な味に ちょっとびっくり でも最後はズルズールと音をたてて飲み干しました。

 『ありがとうございました』 と ひとりずつお礼を言って終わりました。

このページのTOPへ

保育の「課業」の一環として買い物の体験をしました。事前にお家の方に買ってきてもらいたい品物を聞いておき、青山のプロムナードで買い物をしました。

青山のフレンドマートにてお買い物。

お母さんからのお買い物の品は・・・。

それぞれ、自分でレジにて支払います。

えーっと、いくらかな?

お母さんかのリクエストは、おいしいパン!

消防署にも行きました。
消防士さんから救急車の説明をしてもらいました。

山羊のたのちゃん。なんと、ショーを見せてくれました。

町づくり役場でお弁当を食べました。

このページのTOPへ

造形展


-もうすぐクリスマス-

“見て見て これが私のよ” となごやかに話しがはずみます。


【すみれぐみ】




“サンタの森”

サンタの森には、すみれぐみメンバー そっくりのスノーマンが集合。

年長さんたちは、針を使ってサンタさんも縫いました。サンタたちの様々な動きも表情たっぷりです。

【たんぽぽぐみ】



“クリスマスプレゼント”

大きなクリスマスツリーの下に、プレゼントの箱が!! フワフワのぬいぐるみ、キラキラの指輪、ネックレスにブレスレット! 夢もいっぱいつまってました。

【さくらぐみ】



“ケーキやさん”

かわいいパティシエたちの手作りケーキはドングリやビーズでかわいく飾られ、クリスマスのテーブルをにぎやかにしています。みんなが作ったスノーマンのリースが、ケーキ屋さんへ誘います。


【すずらんぐみ】



“すずらんな一日”

いつものすずらん組を再現。つみ木や台所、ポポちゃんのお世話など、細かな部分を人形で再現し、いつもの場所であそんでいるすずらんさんたちに、会いに来て下さい!

このページのTOPへ

去る12日(土)好天気に恵まれ秋まつり・作品展を行いました。


秋まつりは、台風や新型インフルエンザの流行で2年続きで中止になっていたため、久しぶりです。


前々年の30周年事業でできなかったタイムカプセルの“10年後の私の夢、私へのメッセージ”をたくさんの方に投函して頂いたり、いろいろな催し物をみんなさんのお力添えで無事終えることができました。そのひとコマをご覧下さい。


 さあ始まります

 タイムカプセル 10年後が楽しみ

 たくさんの出店 お味はいかがでしょうか。

暑いのでテントの下で頂きます。

  子どもの来店 “いらっしゃいませ”

  スーパーボールすくい “たくさんすくえたよ”

ビンゴゲーム “子どもも大人も紙とニラメッコ”

このページのTOPへ

 『 運動会が始まるまでは、娘がちゃんと走れるかな?

 みんなとちゃんと同じくダンスできるかな?   と不安を抱いていましたが、当日の娘を見ていると、きちんと出来ており、日々の成長と園での先生やお友だち等に感謝でいっぱいでした。 

 弟の入院の為、お弁当作りは父親の僕がすることになり娘にリクエストを聞きつつ、図書館で本を借り、インターネットで調べ、必死でお弁当作り・・・(中略)当日は3人で参加。 娘の初イベント、初お弁当は家族にとって忘れ得ぬ思い出となりました。 』

 

 

    お弁当の写真とともに(お弁当箱の左下部分は救急車のおにぎりです)温かいメッセージが綴られていました。

 

 

 

 

このページのTOPへ

毎年恒例、年長さんが春に苗を植えた畑にサツマイモ掘りに行きました。

今年は例年になく豊作で、サツマイモの掘れた時の歓声があちらこちらから聞こえてきました。 

ツルの先まで一生懸命掘っている子、 お隣の女の子を手伝って一緒に掘ってくれている男の子など 微笑ましい姿にとても心が温まりました。

掘ったサツマイモがご自宅の食卓にでてきた時、サツマイモ掘りの時と同じ笑顔になるのが目に浮かびます。

このページのTOPへ

  去る10月15日(土)に市総合体育館で、くるみ保育園の運動会を開催いたしました。

 前日の雨で足元の悪い中にもかかわらず、たくさんのご家族の方々やお客様に来て頂き、盛大に行う事ができました。

 今年の運動会のテーマは「未来へつなげ!くるみっこジャパン」です。3月の東日本の震災で日本中の人々が不安と恐怖で打ちひしがれていた、この夏の女子サッカー「なでしこジャパン」の快挙は、私達に勇気と希望を与えてくれました。

 子ども達の未来に向かって逞しく頑張っている姿をご覧頂き、子ども達から元気をもらって、みんなで秋の一日を楽しみました。

このページのTOPへ

今年の運動会は、東日本大震災の復興を願い、テーマ【祭~心をひとつに~】を掲げ、運動会を開催しました。

ほし組(2歳児)の親子の遊戯は、滋賀県のゆるキャラ「ひこにゃん」で勇気付けようと「ひこにゃん音頭」を踊りました。

幼児組(3,4,5歳児)は、障害物リレーに仙台の七夕にちなんで「うごく七夕競争」、福島のわらじ祭にちなんで「わらじ競争」をしました。

幼児組(3,4,5歳児)の遊戯は、EXILEの東日本大震災復興へ向けチャリティーソングとして歌っている「Rising  Sun」の

曲に合わせて、子ども達と職員が一丸となって取り組みました。

子ども達は、震災のことをよく知っていて、早く東北の方々が元気になるようにと願いを込めて参加しました。

みんなが、元気・勇気・笑顔になれますように!

このページのTOPへ

 くるみのみんなで「おもいやりの木」を育てています。 「思い」は見えないけれども、「思いやり」は誰にでも出来て見えます。

 掲示板の「おもいやりのの葉っぱがいっぱいになりました。 子ども達の「おもいやり」のエピソードをお伝えします。

  •  
  • ● 朝、お母さんと離れるのが寂しくて涙を流しているA君に「大丈夫」「○○して遊ぼうか」とずーと横について言葉がけをしてくれる優しいBちゃんが微笑ましかった。

 

  • ● ごっこあそびの台所コーナーでお料理を作っていたR君の近くでお皿の取り合いを始めた2人の女の子を見て「こっちに同じお皿があるよ」とさりげなく差し出してくれました。仲裁が上手で嬉しかったです。

 

  • ● 給食の時間なのに保育室に残っている子がいるのに気づいたC君 「給食時間だよ一緒に行こう」と呼びに行ってあげて、準備も一緒に手伝ってくれていました。その優しさに心が和みます。

 

  • ● おやつの時間、みんなで机と椅子の準備をしてくれます。保育士は机を拭いて、おやつの準備をしていると、いつの間にか保育士の椅子を用意してコップにお茶まで入れてくれる子どもに心から「ありがとう」とうれしくなりました。

このページのTOPへ

本日、始めての予行を行いました。
私達たちもこの会場(総合体育館)を始めて利用しますから、子どもの動きや会場の広さや使い方など、ひとつひとつ確認しながらの練習でしたから大変でしたが、お昼までの時間いっぱいを使って練習をしました。
子ども達は、大きな会場で力いっぱい走り、競技を楽しみました。体育館の行き帰りも元気に歩くことができ、ほっとひと安心、来週の運動会を楽しみに。

このページのTOPへ

 << 1 2 3 ... 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >>

バックナンバー

お問い合わせ先

  • くるみ保育園 TEL:077-568-8220
  • 緑波くるみ保育園 TEL:077-562-4021
  • 若葉くるみ保育園 TEL:077-564-9588