くるみ保育園のこだわり

おもいやりの木

 くるみのみんなで「おもいやりの木」を育てています。 「思い」は見えないけれども、「思いやり」は誰にでも出来て見えます。

 掲示板の「おもいやりのの葉っぱがいっぱいになりました。 子ども達の「おもいやり」のエピソードをお伝えします。

  •  
  • ● 朝、お母さんと離れるのが寂しくて涙を流しているA君に「大丈夫」「○○して遊ぼうか」とずーと横について言葉がけをしてくれる優しいBちゃんが微笑ましかった。

 

  • ● ごっこあそびの台所コーナーでお料理を作っていたR君の近くでお皿の取り合いを始めた2人の女の子を見て「こっちに同じお皿があるよ」とさりげなく差し出してくれました。仲裁が上手で嬉しかったです。

 

  • ● 給食の時間なのに保育室に残っている子がいるのに気づいたC君 「給食時間だよ一緒に行こう」と呼びに行ってあげて、準備も一緒に手伝ってくれていました。その優しさに心が和みます。

 

  • ● おやつの時間、みんなで机と椅子の準備をしてくれます。保育士は机を拭いて、おやつの準備をしていると、いつの間にか保育士の椅子を用意してコップにお茶まで入れてくれる子どもに心から「ありがとう」とうれしくなりました。

このページのTOPへ