くるみ保育園からのお知らせ

ようやく、朝晩が涼しくなり、日中もさわやかな気候になってきました。10月はいよいよ運動会です。

幼児クラスの子ども達は本格的な練習が始まっています。

先日、ひと足先に乳児クラスの子ども達の万国旗が出来上がりました。旗には、くるみのマーク と もう片面にはひとりひとりの顔写真に、その子のなぐり描き、直線画、曲線画、点々画、力強い画、弱い画など その子らしさが出ていて、どれもとても素敵な旗です。早速 玄関先に飾ってみました。みんな上を見上げて「○○ちゃんだ」と一文字一文字名前を読んだり、可愛い絵や写真を見て、運動会が益々楽しみになってきました。
当日はご家族お揃いでお越し下さい。



-記-


日時  10月13日(土) 9:15~12:30
場所  笠縫小学校 体育館

*駐車場が少ないですからお車での来場はご遠慮ください。

このページのTOPへ

 


 祖父母参観日を連休前の9月14日に行ないました。 皆さんお元気で若々しく『お祖父ちゃん お祖母ちゃん』というには失礼な方ばかりです。 この日のために遠くからおいで頂いた方もあり、子ども達はいつもの参観日とはちょっと違う うれしさが見られました。 


 内容はいつもしている毎日体操を見て頂いた後、一緒に運動あそびを楽しんだり、お手玉を使ってわらべ唄あそびや日頃遊んでいる集団あそびを楽しんだり、コマ作りや紙コップを使って人形作りを一緒にしました。 最後には、心を込めて作ったプレゼント、小物入れ、タペストリ、携帯ストラップ、入浴剤などお渡しして「さようなら」しました。みんな満足満足のひとときでした。ありがとうございます。



17日は学区敬老会に年長さんが出場します。

唄やリズムダンスをします。 地域の方々にも可愛い子どもの姿を喜んで頂けるとうれしいです。

このページのTOPへ

 朝、出勤で忙しくされているお母さんに急がされ、叱られて登園する子ども達がいます。 お母さんが早くして欲しいとあせるほど、子どもは大人の気持ちを見過ごしたように手間をかける行動にでます。 もっとゆったりと接してあげたい、甘えたいのはわかるけど・・ 「ついつい怒鳴ってしまう」 など、また反抗期ともいえる2、3才の自己主張がきつい時期に、 「反抗ばかりして困らせイライラする」 「自分の時間が持てず苛立ちを子どもにぶつけてしまう」 など自分を責めながらも子どもへの苛立ちを抑えられないお母さん達。 仕事の忙しさにくわえて、周りの人に相談したり、ちょっと手を貸してもらえる人がいないなど孤独で、身も心もくたくたになっているお母さんの姿が伺えます。


 成果の見えにくい子育ては本当に大変です。 今の状態がずっと続くと思うと気が滅入るでしょう。 しかし子どもはいつかお母さんに目もくれず頼りもせず巣立っていきます。 甘えてくれるこの時期 「お母さんお母さん」 と求めてくれるのは今だけ、子どもの成長過程には荒れる時もあれば穏やかな時もありとゆったりと構えてみてはどうでしょうか。


 そんな心に余裕をもつためには、「次の休日は子どもとたくさん遊ぼう、溜まっている掃除を家族でしよう、両親に預けて夫婦あるいは一人で出かけよう」などメリハリのついた生活の工夫も一助になるかもしれません。


 「子は宝」と昔から言いますが、子どもがいるから、うれしく楽しい時もあれば、つらく悲しい時もあり、私の人生が豊かになると思えば、子どもが可愛くていとおしくなりませんか。 そんな大人の気持ちを敏感に察知するのが速いのは子どもです。


 怒鳴り散らして苛立って毎日を過ごすのも1日、毎日楽しい会話をして過ごすのも1日です。 子どもを見守りながらゆっくりと成長を待ってみてはどうでしょうか。

2012.09.14 | ちょっと一言コーナー

このページのTOPへ

<びわ湖こどもの国へ遠足>

9月7日(金)に幼児組の子ども達がバスに乗って、びわ湖こどもの国へ遠足に行きました。
天気に恵まれすぎて暑いぐらいでしたが、子ども達は元気に色々な遊具で楽しく遊びました。

お昼は、松林の下で琵琶湖を眺めながらお弁当をいただきました。
お弁当の後は水着に着替え、琵琶湖で水遊びをしてとても気持ちが良かったです。

<ブルーベリーの染物(そら組)>

そら組の子ども達がブルーベリーの染物をしました。最初にブルーベリーをお湯で煮たて、

そして絞りました。すると紫色の汁が・・・。布を水洗いして紫色の汁につけじっくり煮込むと、

あら、びっくり!白い布が紫色に・・・。子ども達は興味津々で見ていました。最後に媒染液

みょうばんに漬けて仕上がりです。模様は、三角や四角に折り、そこへ割り箸や洗濯ばさみ

をはさんだり、ビー玉やおはじきをゴムで巻いたりしました。広げると素敵な模様が出来上が

り子ども達も感激していました。出来上がった布は、お家に持ち帰り家族のみんなに見せま

した。

このページのTOPへ