くるみ保育園のこだわり





-お正月の準備で忙しくなる前に 『おもちつき』 を楽しみました

                       つきたての おもち をお腹いっぱい食べて大満足でした。-

 おもちつきの始まりです。
 お父さんに頑張って頂きました。
 子どもたちも小さな杵を持ってつきました
 ”てんやのおもち” の大合唱です。
 ペッタンペッタンと2人で1つの杵をもってついてます。
               
 若い先生もついてみました。杵の重さにびっくり
 あまり上手につけません。
   

 *きなこもち、のりもち、あんこもち を食べました。

このページのTOPへ

絵本で見た「どんぐりだんご」
「どんぐりって、食べられるんだ!」と子ども達はびっくり。団子にして食べようと園庭や近くの公園でどんぐり拾いをしました。でも、全々足りず、日曜日に親子でどんぐりを集めてくれるなどの協力があり、やっと、団子作りに取り掛かれました。どんぐりを重曹で煮ているときの臭いはクサ~くて本当に食べられるのか心配しましたが、出来上がりは上々。とってもおいしい団子になりました。

このページのTOPへ

12月24日(土) 午前10時00分~12時00分
当保育園ホールにて、幼児組の子ども達が日頃練習してきた歌や合奏をお家の方に披露します。
音楽会発表後には、「ボンボン」さんによるクリスマスコンサートもあります。

このページのTOPへ

 ユーラシア大陸の山間に位置するブータン国の王様の訪問は、日本中の人々の心をとらえたようです。私もそのひとりですが、、、。
 「ブータンは竜の住む国、竜は経験を食べて強くなる」すなわち、人は経験を積み重ねて強くなる、物の豊かさより心の豊かさ、助け合いの精神が大切なことであると、ブータン国民の意思調査では ほとんどの人が幸せであると回答し、世界一幸せな国ブータン。
 東日本大震災の3.11以来「幸せとは何か」と問われている日本の社会に大きなインパクトを与えた出来事でした。
 今年もあと残りわずかになりましたが、日々感謝し前向きに生きることの大切さを忘れてはいけないこと新たに思いました。

2011.12.02 | ちょっと一言コーナー

このページのTOPへ